出会いは貴重

「一期一会」という言葉があるように出会いというのは貴重なものです。今、あなたの目の前で起こっている出会いもその瞬間が貴重なものなのです。それはもう二度とないかもしれませんから、その瞬間を大事にしていかないといけません。

こんな言葉があるくらいですから、昔から人は出会いがいかに貴重なものかを知っていたのでしょう。また、その出会いが奇跡と呼べるとも言えます。再会ということもあるでしょう。その場合、奇跡が二度続いたということになります。これは運命と言えますし、縁とも言えるのです。

例えば、ただすれ違っただけの出会いもあるでしょう。そこでその相手に一目惚れしてしまうこともあります。全身に衝撃が走って膝から崩れ落ちくほどの衝撃を受けたような、今まで味わったことのない体験として言いようのない感情に心が支配されることがあります。

しかし、そんな出来事も思い過ごしてしまえば、その相手とも二度と会えなくなってしまうでしょう。その出会いに対してどのように捉えるかは人それぞれです。価値観の違いもありますので、いろんな認識で捉えられるでしょう。

ただ、その認識が言い訳のようになるときがあります。それは確かにただすれ違っただけの出会いかもしれません。そのような状況で相手に声を掛けたとしても、相手はあまり良い気はしないでしょう。しかし、その人ともう一度会えるという保証はありません。

もし、再会があったとしても、ただのすれ違いで終わってしまっていたら、その後何回会ってもすれ違いのままで相手にとっては出会いではないかもしれません。そうならないためにも、何がアクションを起こすべきです。

しかし、アクションを起こそうにも、その状況によって判断が必要になってきます。このような場合、再会を念頭に置いておかないといけません。そのためにも第一印象だけでも良くしておく必要があります。まず、相手の記憶に残るような印象を植え付けないといけません。そうしないと、相手に何回会っても自分のことを覚えていなくて、初めてという認識をされてしまいます。

直接、接触できれば一番良いですが、それは難しいでしょう。直接、接触できなければ無理矢理接触しようとしなくも良いです。間接的に相手の視野に入って、ある程度の印象を残せれば良いでしょう。相手が「また、あの人いるな」と印象付けれれば、最低限の合格ラインは超えています。