いろんな出会い

出会いというのは奇跡に等しい出来事なのです。人生のすべては出会いから始まります。人と人の間にはいろんな関係がありますが、すべてはこの出会いがなければ、人との関係というのはあり得ないのです。恋愛においても特にこの出会いが非常に大事になります。

その出会いによって自分の運命も変わってきます。ただ、それはその出会いによって変化したものではなく、人生において自身によって選択された末での出会いです。その出会いを選択したから人生が変わるということです。

その出会いに至るまでの行動はすべて自分で選択したものです。自分の意志でその時と場所にいるのです。その出会いを果たして偶然と呼べるものなのでしょうか。しかし、どこからが出会いとなって、どこからが違うものなのでしょうか。その境目というのは分かりにくいです。

出会いというのは二人以上存在しないと成り立たないものです。しかし、一方は相手を認識しているのに関わらず、相手はそちらに気付いていないこともあります。例えば、毎日乗っている電車の中で出くわす可愛い女性に一目惚れしてしまう時があるかもしれません。その場合、相手は自分に出会ったという認識はないはずです。それを果たして出会いと呼んで良いのでしょうか。

出会いの形にもいろいろあります。出会いの形というのは即ち出会い方です。学校や職場での出会い、友人や知人の紹介、会社などの飲み会や合コンでの出会い、ナンパ、出会い系やコミュニティなどインターネットを介しての出会いなど、時代によって出会いの形は変わってきました。

基本的に時代が巡る度に出会いの場の数は増えてきていると思います。ただ、そのような出会いを求めようとしていない人もいます。また、それらの機会を活かしけれていない人も少なくありません。

その原因として考えられるのはコミュニケーション能力の低下です。昨今のインターネットの普及によって引き起こされた問題であると考えられます。しかし、このインターネットは出会いや繋がりをより身近にしてくれるものです。

ただ、それはきっかけにすぎません。インターネット上だけでの出会いや関係を築けたとしても、それだけでは結果てきに人間のコミュニケーション能力を下げてしまっています。本来はコミュニケーションを促進するものですが、結果的にその能力を下げる要因にもなっているのです。