menu

【過払い請求】過払い金の払い戻しは弁護士相談で95%返還!※無料相談あり

過払い金請求の意味と行うメリット

過払い金請求とは、払いすぎた金利を取り戻すための請求です。そもそも過払い金が発生する原因となったのはグレーゾーンと呼ばれていた金利帯があったためで、利息制限法が定めている上限金利は超えるが出資法が定めている上限金利までは達していない金利のことをグレーゾーン金利と呼んでいました。グレーと名が付くとおり、違法なのですが刑罰にならない金利帯のため、多くの金融会社が暗黙の了解でこの金利を適用してました。しかし改正貸金業法の施行でこのグレーゾーン金利が違法となったため、金利を現在の違法にならない金利で計算をしなおす必要が出てきました。もちろん計算しなおすと多く支払っていた部分が必ず出てくるため、今まで消費者金融などを利用して金利を多く支払っていた場合にはそれを取り戻すことが可能になったわけです。
過払い金請求を行うことで得られるメリットは、なんといっても多額のお金が返ってくるということです。消費者金融などを長く利用していた場合には、過払い金が数百万円になることも少なくありませんから、必ず請求を行ったほうが良いといえます。過払い金はこちらから請求しないと業者からは一切返金がありませんし、完済後10年を経過してしまうと取り戻せなくなる可能性が高いため、出来るだけ早く過払い金請求を行う必要があります。
もし業者と任意整理中だった場合、過払い金が発生していればもちろん取り戻すことが出来ますし、取り戻した過払い金を返済に充てるということも可能になります。過払い金を返済に充てることで債務が完済するケースもあるようですから、取り戻すことでのメリットは計り知れません。基本的に弁護士などに過払い金請求をお願いすることになりますが、この費用も取り戻した金額の10~20%程度で済むため、それほど弁護士費用が高くつくということもないでしょう。
過払い金はもともと払いすぎたお金ですから、返還してもらう権利があるお金です。業者が倒産してしまうと1円も返金されなくなってしまいますので、出来るだけ早い請求が望ましいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。