menu

【過払い請求】過払い金の払い戻しは弁護士相談で95%返還!※無料相談あり

任意整理と過払い請求

借金が増えてしまい、月々の支払いがきつくなると、1人で解決するのは非常に難しいものになってきます、そんな時は債務整理して現在の状況をできるだけ軽くしたり残債務を整理して金利を低くしたり返済金を減らしたりといった任意整理があります。
そういった債務整理はほとんどが借金の現状を把握してできる限り最大の手法を取って最終手段として自己破産のような整理方法で法律のもと借金を完全になくして再スタートするという目的がありますが、自己破産までいってしまうと、現在自分が持っている財産は全て手放すことになります、そういったリスクを承知で自己破産しないとどうしようもない状況であればそれは有効な手法と言えます。
そんな債務整理の中でちょっと変わった整理法に過払い請求があります、過払い請求も借金で困っているという方には有効な整理手段の1つですが、過払い請求自体は逆にこれまで払った借金が返ってくるという点が違うポイントです。
基本的に過払い請求は借金の返済が完了して、契約が終了した後に行ううものです、要するに返済時に払いすぎていたお金を返還してくれるように要求するものです。
返済の途中で過払い請求をするという時は債務整理の1つとしてみなされます、任意整理においても払いすぎた借金が戻ってくることがあります、そういう意味では同じような性質といますが、違いがあります、任意整理を行うと、信用情報に記録が残ります、任意整理したということが他の賃金業者などに知られることになります、そうなるとローンを組もうとしても審査が通りにくくなったり、最悪断られる場合も考えられます。
一方の過払い請求の場合は信用情報には記録されることがありませんので、影響が少ないのがメリットです、現状は借金が完済している状態で行うわけですから、自分のお金を返してもらうのが過払い請求というわけです。
とはいってもいざ任意整理と過払い請求どちらがいいか迷ったら、まずは専門家に相談することをおすすめします、現在においては任意整理を始めとする過払い請求などの債務整理は非常に多くの方が行っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。