出会いは人生の中のドラマ

人間というのは人生においてテレビドラマでは描けないようなドラマがたくさん起こせる生き物です。人生の中にはたくさんの出会いがあって、そのひとつひとつに小さなドラマがあるでしょう。特に男女の出会いというのは、恋愛に至るまでにもドラマがあって、その後もたくさんのドラマを重ねていきます。

そんな出来事が自分の知らないところで数多く起こっています。また、自分自身も同じ時代に生まれて、特定の場所と時間で人との出会いがあります。それが一生の付き合いになったり、運命や価値観を変えてくれるものであったりするでしょう。

それが男女であるならば素晴らしいものだと思いませんか。一般の出会いも偶然の重なりから生まれた奇跡だと思いますが、男女の出会いはそれを超えた奇跡以上のものだと思います。私たちはそんな体験のもとで人生を歩んでいるのです。

出会いというのは奇跡だと言いましたが、人それぞれが違う人生を歩んでいます。当たり前かもしれませんが、その人生の中で同じ時間を共有することが出会いなのではないでしょうか。それが男女だと恋というものに変わって、愛に変わっていき同時に恋愛になっていきます。

これは同時に人生を歩んでいるといっても良いでしょう。出会いという奇跡が起こって恋をすることによって、その出会いに意味が初めて出てきます。それが未来へと延びていって、その最終地点が結婚となるのではないでしょうか。

しかし、その恋愛というのは平坦やものではありません。すべてがうまくいくとは限りません。その先には曲がりくねっていたり、デコボコなものもあるでしょう。時に上がったり下がったり、途切れることもあるでしょう。さらには超えることができないような壁があったりするでしょう。

それを一緒に傍で乗り越えられればいいですが、それを乗り越えられないことがほとんどです。そのように人生を送っていてもゴールは見えてきません。そんな人生を送らないために出会いを求めようとするのでしょう。そして、その先に幸福が待っています。

出会いは偶然の中から生まれるもの

全ての出会いは偶然の中で起こっています。いや、出会いというのは偶然でもあり奇跡でもあると言えますね。このように言うと矛盾しているように思いますよね。ただ、これは哲学的な話をしようというわけではありません。

偶然出会った者同士がお互いの行動を自分で決断した結果、その出会いに辿りついたのです。それは必然的でもあると言えます。これは恋愛に限らず、すべての出会いにおいても当てはまります。偶然は自分が歩んできた人生の中で選択してきた結果によるものです。その選択した人生を歩んでいけるとから必然として起こります。

しかし、その必然の中で起こる出会いにおいて、ふたりが人生において偶然の中で重なりあわないといけなません。それは偶然が巻き起こした奇跡でもあります。必然というのは結果的なものなのかもしれません。ただ、そえも運命なのです。つまり、人と人が出会い、恋をして愛を育むということは素晴らしことで奇跡的な出来事なのです。

だから、人は悩んだり落ちこんだりして、ひとりのことを思います。ただ、それ故に相手を尽き放してしまったり、無性に相手を求めてしまったりもします。人はただ傍にいるだけで良い存在に必要以上に求めてしまう弱い生き物です。

恋から愛へ

恋というのは求められているものです。会いたい、いつまでも傍にいたいなどと思い事で満たされない気持ちで心が満たされます。そのために胸が苦しくなって、人によっては食事が喉を通らないという人もいるでしょう。恋というのは基本的には片思いの状態を言います。時には片思いだと思っていたという状況もあるでしょう。自分の気持ちを抑えなければいけないという状況からそのように胸をしめつけられるような思いになってしまいます。

それでは、その恋は堕ちる瞬間どのような状況なのでしょうか。出会っただけではそこから恋には発展しないはずです。そこに何か言葉にできない要素が加わることによって心が動かされたり、相手に魅力を感じて恋へと発展していきます。

一方で愛というのは与えるものです。恋とは違って無償で相手のことを思うことです。大切に思うことこそが愛と呼ぶようになります。恋はひとりでもできるのですが、愛はひとりではできません。愛というのはいろんな形がありますが、ここでは恋愛についての愛に限定させてください。

恋が愛へとなる瞬間が恋が成就した瞬間なのです。その二人がお互いに恋をすることによって、お互いがそれを知った上で認めあうことになります。それが愛が誕生する瞬間です。

だから、愛というのは尊いものなのです。無性に感じるからこそ恋愛というのは楽しいのです。幸せな気持ちになれるのは何故なんでしょうね。人を愛して愛されることに喜びを感じることが出来ることに感謝しましょう。そして、すべての出会いに感謝しましょう。